水中葉とは?


アクアリウムに使われる水草のほとんどは、抽水性植物といって、

水の中にも空気中にも適応できる性質をもっています。

 

水中葉と水上葉のイメージ

 

 

 

 

水上葉の水草


こうした性質があるため、市販の水草は、そのほとんどが水上葉の水草なのです(水中に陳列され

ていても)。

これは、水中に比べて、水上(空気中)の方が、より簡単に、安価に、大量に栽培できるという生産

の事情によっています。

 

しかし水上で育成された水上葉は、水中に入ると当然枯れてきます(1週間くらいで)。

植物は雨期に入ったと思い、空気中に適応した葉をおとし、水中に適応した葉を出そうと必死に

なるからです。

 

                        

 

これがこれまで、アクアリウムで水草の育成がむずかしい(枯れてしまう)といわれた理由です※(1)

(本来、環境の浄化能力を持っている水草が、反対に水を汚す原因になってしまいます)。

 

 

※(1)

水上葉が水槽に入ると、それまでの空気中に適応した葉をおとし、水中に適応した葉をだそうと必死になります。

もしこれが、水草がもともと自生している現地のことならば、彼らはそこに根を張っており、土壌などの周囲の条件も同一です。

したがって水上から水中への適応は比較的移行しやすいと考えられますが、アクアリウムの水草の場合は全く違った環境に入ることであり、根も張っていません。これは極めてリスクの高い(枯れやすい)移行となるのです。

 

これが多くの市販の水草が1週間ほどで枯れていく理由です。水草の水中葉と水上葉の違いは上のように大きなものがあります。

 

こうしてペンギンビレッジでは、水中葉の水草を主体に扱っており、水上葉の種類には「水上葉」と明示しています。

 


 

 

 ペンギンビレッジの水中葉 = アクア水中葉


 

ペンギンビレッジの水草は、水中で育成された水中葉が主体です

(店頭では、水中葉はプライスカードにすべて「水中葉」と表示されています)。

しかも、ご家庭のアクアリウムと同じ条件(水槽)で育成されていることがポイントです。
これを
「アクア水中葉」と呼んでいます。
※(2)

 

だからペンギンビレッジのアクア水中葉は、お店に陳列されている姿のまま、ご家庭の水槽に根付き

ます(枯れにくいのです)。

そしてほぼ翌日くらいから、水草のもつ環境浄化能力を発揮します。※(3)

 

 

                             

 
                                   
                                    
    

 

※(2)

水草の水中育成は、水上に比べて、技術的にも、コスト的にも、ずっとむずかしいものです。

しかもアクアリウムで使われる水草は、室内使用が前提なので、野外の池やハウス栽培など太陽光下で育成した水中葉では、生育条件が大きく違うため、水上葉と同じように枯れ落ちてしまうことが多いのです。

このため東南アジアなどの広大な野池の養殖場でも、水草の水中葉の生産は一部を除いて適さず、流通しないのです。

 

※(3)

水草はその美しい育成だけが目的ではなく、彼らが本来もっている環境浄化能力の発揮こそが大切であると思います。

これはエコシステム(生態系)理論の骨子の一つです。

 


 

 

  ペンギンビレッジの水上葉 、Pot水草など      


※「新着水草」や「レア水草」はその多くが水上葉です。

 

ペンギンビレッジでは水上葉の水草も販売しています(水上葉の水草はプライスカードにすべて「水上葉」と表示されています)。

水上葉のメリットは何といっても大量に栽培できるため、安価なことです。

そして水草の育成になれた方は、水上葉を水中化させること(水上の葉を落とし水中の葉をつけさせること)も可能だからです。

 

また、Pot水草(プラスチック等のポットに入った水草)も販売しています。これには次のような特徴があります。

Pot水草の本格的な栽培環境は湿度のたいへん高い状態で育成することで、このことによって水中ー水上相半ばする性質の草体に仕上げます。

こうすると栽培は空気中に準じてやりやすく、草体は水中葉に準じて水中化しやすい中間域の葉を作れるからです。

しかしこうした本格の栽培は、それに応じた設備や技術、コストがかかり、出回っている市販品はそう多くはありません。

 

ペンギンビレッジのPot水草は、水中になじみやすい栽培メーカーや種類を選別して取り扱っています。

  

 

                             

■農薬の問題

水上葉を水槽に入れると、エビや貝が死ぬことがあります。

これは主に栽培時の農薬散布の残存が考えられます。

薬品に特に弱いエビや貝などのムセキツイ動物が反応する

からです。

 

■水草の名称について

水草の名称は、学名の日本読みを中心に、英名、和名、また業界の通り名等、これまでの店舗運営の中でお客様と培ってきた名称を使わせていただいています。したがって学術的な真否を保証したり、表示するものではありません。あらかじめご了承の上、ご利用下さい。

※ 水上葉を水槽に入れる時には、特によく水洗いをすること。

  できればいきなりメインの水槽には入れず、サブの水槽で

  テストしたいものです。