お客様の水槽コーナー



メンバーズ 横浜市 Mさんの水槽   その10 
                              最近1年間のまとめ                          
   文 ペンギンビレッジ佐々木

                                                                                                 2016.2.18
セットから約2年が経過した水槽は、水草の勢いやボリュームが日を追うごとに変化し、この空間における独自の進化が現在も続いている。それぞれの生態系の進化段階のステージにおいて、優先的に勢いよく繁茂する種が入れ替わったり、反対に衰退していく種があったりと、水草のせめぎ合いには目を見張る変化がある。

(初回セットは2013.10月 オーダーレイアウト)


そうした中でセット後1年を過ぎるあたりから陰性植物と呼ばれるミクロソリウムやボルビディス、アヌビアス・プチナナが勢力を増し、一方陽性植物の代表であるグロッソスティグマは徐々にその勢いに陰りが出てきた。(前回メンバーズギャラリー(以下Mギャラと略称)アップは2014.11.6)
 

14.11.23(セット後1年1か月) メンバーズギャラリー掲載写真          M様撮影

 

2015.4.6 (セット後1年6か月)                                                            撮影 佐々木

 
今までなかなか上手く育たなかったリスのしっぽ(ロタラ・ワリッキィ)を2014.8月によく光の当たる中央付近に移植したところ、目立って成長が良くなった。領域が広がりすぎた背景草を後退させ、グロッソスティグマの範囲を修正。活着させたボルビディスはすっかり流木を飲み込んでしまい、アヌビアス・プチナナの範囲も当初の4倍ほどに広がっている。背景草のトリミング回数が一部限界点に達し、そろそろ大胆なカットが必要。 
 
 

2015.7.2 (セット後1年9か月)                                                              撮影 佐々木


2か月ほど前に背景草を大きくトリミングし、有茎草の発芽点を全体的に下げた。底床によく光が当たるようになったおかげで今まで隠れていたヘアグラスに伸長が見られるようになった。これを機にグロッソスティグマの一部をヘアグラスに変更(写真中央左下)。
 

2015.8.6 (セット後1年10か月)                                                          撮影 佐々木


現レイアウト構図においての一つのピークを過ぎ、中央のボルビディスとアヌビアス・プチナナは限界まで繁茂している。ヘアグラスは順調にその範囲を拡大させており、これらを使って新たな構図にてレイアウトの変更をしてみよう、となる。




2015.9.3 (セット後1年11か月)                                                           撮影 佐々木


レイアウト変更前。十分に観賞した背景のタイワンガガブタ(中央右)を思い切って撤去し、新たな流木を追加、それぞれの活着している水草を一度はがし、再構成する予定。それに伴い有茎草を淘汰、整理して陰性で鬱蒼としたレイアウトから一転、明るい雰囲気を目指す。今回のレイアウト変更を見据えて、数か月前から有茎草のカットやヘアグラスの領域拡大、新たな流木の選定と処理をあらかじめ行っておいた。




2015.9.3 レイアウト変更後                                                                撮影 佐々木



今まで中央にあったボルビディスは追加した右流木の後方に配置。背景草としての新たな役割を得た。アヌビアス・プチナナは流木の足元に配置。ミクロソリウムと共に中景をなしている。中央の広場は左からヘアグラス、右からグロッソスティグマを伸長させ、境界線をどう整理するかが今後の管理のポイントの一つ。調子の良いリスのしっぽは再び背景へ。3〜4種類の有茎草で左の茂みを形作っていく。




2015.11.9 (セット後2年1か月)                                                             撮影 佐々木


右流木に呼応させる様に左に流木を追加。リスのしっぽは2回のメンテナンスで背景として広がりとても見栄えがする。ヘアグラスは勢いを増し、中央でグロッソスティグマとぶつかって自然な雰囲気に。ポゴステモン・デカネンシスを左と中央に追加。
 






2015.12.11 (セット後2年2か月、リセット後3か月)                  M様撮影


M様撮影の写真。中央の明るい広場でブラックファントムやトランスルーセントがたわむれ、他にも5〜6種類の魚が心地よく泳いでいる。



2016.1.5 (セット後2年3か月、リセット後4か月)                                        撮影 佐々木


 


根が伸びている想像のもとに細かな流木を追加。レイアウトとして一旦完成をみる。今後は流木のケアや前景草の手入れ、活着水草の剪定などをポイントに水景を新たな段階へとステップアップさせていく予定。

                                                      ※担当の佐々木は、1か月に一度、メンテナンスのフォローにうかがっています。