お客様の水槽コーナー





2016年4月篇                                                                         

富士見庵さんリセット

2013年7月にセットした75×50×75Hpテラリウム水槽のリセットを依頼された。

1、ヤマサキカヅラは気に入っているけれど、伸びた葉を伝って、時おり、水がはねる。

2、魚の泳ぐスペースを広くとりたい。

という主に2つのご要望。

 

このご要望に対し、次のような提案をした。

1、テラリウム上部への配水を停止して、流木の高さも下げる。

2、水位をやや深くして魚の遊泳スペースを確保するとともに、「湧水」装置をセットする。

特に湧水には興味を示されて、リセットとなる。





リセット前

ヤマサキカヅラの勢い強く、十二分に伸びている。メタハラライト近くは葉やけがみえる。

流木の腐食がやや進み、そのせいで水がやや茶色かっている。

全体やりかえとともに、遊泳スペースの確保、清潔なイメージがご希望。





リセット後

流木を小型のものに交換。背景に立ちあげていた配水管も低く抑える。

流木域の縮小に合わせてヤマサキカヅラは大胆にカット。全体清掃。

ヤマサキカヅラはまだしおれているが、さっぱりしてよかったと喜ばれた。


 


水槽背面スペース清掃済。ホコリチェック済。 


湧水用ポンプのセット


 


中央手前に湧水口。砂の中に配管。


レイアウト後、湧水確認済。

湧水は特に一般のお客様に喜ばれる。

白い砂を吹き上げる様子は、富士山からの伏流水そのものにみえる。

(お店の名前が富士見庵さん)


 


キャビ内の整頓。

 


各ジョイント部はホースバンドで水漏れを2重に防止。

電源ホコリ済。漏水CH済。


 

 



全景

水位は従業員さんにもわかるように水位線で明示。