お客様の水槽コーナー




2015年5月篇

練馬区 I 歯科医院さんの水槽 
                                                    ー その5

                                                                                 



2014年9月にソイルリセットを行なった。
前回、2013年8月に比べ、シンプルなレイアウトに作りかえている。リセット後、8ヵ月経過。



UV殺菌灯も標準に装備されている。



2つの大きな溶岩石には、2種類のウィローモスが互いに棲み分けているよう。
手前は葉にハリがあり、水平に広がるタイプのライトグリーン。
奥はしだれるタイプの深緑色。



←コリドラス・コンコロールの完熟個体。背ビレがみごとに伸長している。





レッドファントムも強い赤味を発しており、彩りを添えている。



アルタム・エンゼルは各ヒレが見事に成長。深さ60cmの水槽にマッチしたタンクメイト。



通常管理も、このようなグロッソスティグマのトリミングも、先生ご自身で行なわれている
(現在はトリミング直後)。



 


 

 

2013年8月篇

練馬区 I 歯科医院さんの水槽 
                                                    ー その4

                      
(2013年2月篇の水槽から、ほぼ6ヶ月経過)
                                                         
       

@


  前回5月から3ヶ月が経過。
写真のように全体状況は良好。水草にそうとうな迫力がでて存在感のある水景になっています。
 今回は水景のベースとなっているグロッソスティグマのトリミングについて、ペンギンビレッジがお手伝いすることになりましたので、そのプロセスを簡単にご紹介いたします。




A

サンタレンニムファが前まではびこりすぎているので、
多少の間引きを予定。

B
 
グロッソが厚く盛りあがり、限界状態です。

C
 
グロッソに切り目を入れて手前をはがす。

D

はがし終えた状態。汚泥が溜まっている。

E

汚泥を吸い出す。

F

際にはランソウが強くある。

G
 
ランソウを拭い、新しいソイルを入れる。

H

グロッソの際を整え、間引いた株を少し戻す。



I
 
今回、他の水草には手をつけていない。
作業後、ソイルの舞い上がりに注意したので軽度の濁りで済んだ。水替え20%済。







>> I 歯科医院さんの水槽 その1へ