お客様の水槽コーナー



2018年6月編      平塚市 NSさんのオーダー水槽

NSさんは平塚市にお住まいの女性。
外出先で水草水槽を目にし、自分でもやってみたくなったが、自分でできるかどうか不安。ネットでペンギンビレッジを知り、その「生態系水槽」に興味を持ち来店。
スタッフに生態系水槽の説明をうけながら、一から自分の希望を聞いてもらえる「オーダーレイウアウト」というシステムがあることを知り、その見積もりを依頼なさった。

主なご希望は、まず前景草はグロッソスティグマ。中景草はブリクサ、パールグラス、レッドルドウィジャーなど。背景草はロタラなどの赤系。これらを店頭で実際にご覧になってお決めになった。
さらに展示されている生態系水槽から黄虎石(おうこせき)などの石組みレイアウトが気に入られた。
また別の生態系水槽に使われている「ホーンウッド」の流木も気に入られ、石+流木がいいとなった。
石と流木は水草レイアウトにもっとも使われるレイアウト素材だが、両者はもともとの質感が大きく異なるため、いっしょに使うのは意外と難しい。そのことをご説明して、工夫を凝らすことにした。

こうして当日は土曜日だったため、休み明けにメールでお見積もりを送信。快諾をいただいた。
制作に入って、何度かメールで情報交換。制作過程をお知らせするとともに、NS様からもさらにご希望のレイアウト写真等が送られてきた。

こうして2/22に制作を開始し、ほぼ1ヵ月で完成。メール画像で確認いただき、4/5に配達・セッティングのお渡し日程が決まった。


完成メール画像:左上から右手前へ水草の森と流木が流れる。

水槽はADAのキューブガーデン60P。フィルターはエーハイム2213。ADAのアクアスカイライトにペンギンビレッジのセレクトCO2。また各種機器の自動化のためにNAコントロールタイマー(ADA)等を装備。

 



ご希望の黄虎石の石組みに、形状を合わせた処理済流木を沿わせた
 


 
さらに流木の根の張りには、黄虎石の小石をはべらすように配石。その間にブリクサを植え、手前のグロッソと連関させることにより、質感の異なる石と流木を形状と植栽の両面でジョイントさせた。




 

お好みのスーパーレッドルドウィジャーの赤。ちょっと控えた場所のチャームポイントだ。


ライトグリーンのガガブタの優美な葉

ラージパールの可憐な姿




広いリビングのキッチン側カウンターに設置




カウンター天板はムク材のため、強度は問題ないと思われた。

下のワゴンにフィルターが置かれたが、フィルターは重いため、後日頑丈なワゴンに変えていただけるようお勧めした。