Live Window5

  


追悼  天野 尚

                                                                                          ペンギンビレッジ代表  尾崎 初

ペンギンビレッジ本店での講演会の後、吉祥寺の料亭で

右奥 天野社長  手前ひとりおいて現在の大岩専務
左奥 尾崎  2000年4月

       
            

 2015年8月5日の夕刻、私は栃木県でのゴルフを終え、東北道を東京へ向かっていた。車内には家内と、当社の              

税務や経営を見てもらっている公認会計士の先生との3人が乗っている。               

 浦和の料金所を経て、首都高へ入ったところだった。ポケットの中の私の携帯が鳴った。                

 運転席の私に代わって、助手席の家内が電話に出る。電話がADAの大岩専務からと知って、突然、私はいやな予感                    

に襲われた。                    

 1分、2分と家内が話している。ことばの端から、もう私は確信してしまった。                  

 電話を終えると、家内が一言いった。「天野さんがお亡くなりになったそうです」                  

 おりしも車は外環道への渋滞に入り、私は100kmから20km程に落ちた車列の中に埋まりこむように、まるで自分の心                 

の落差そのままのようなノロノロとしたスピードで這うような運転をしていた。                    

 自宅まではもうわずかだったが、途中の新倉SAで一息入れる。高速を降りると会計士の先生を最寄の駅で降ろし、                    

ほとんど無言のままに帰宅した。                  

                        

 翌朝は定刻に出社した。会社には天野さんの訃報がFAXで届いていて、早出の社員がそれを目にしている。                  

 始業ミーティングで天野さんが亡くなった連絡を受けたことを告げ、訃報を社内掲示板に張り出した。                    

 それから何度、私はその掲示板の前で呆然と立ち尽くしたことだろう。訃報の名前が「天野 尚」であるなんて!                  

 その日の仕事は、ほんとうにはなにも手につかない。私は機械的な事務仕事ばかりを選んで、一日の                  

時間を終えた。                  

                        

 途中、ADAコンテストの同じ審査員である京都の山崎先生と長野の山田先生に連絡を入れる。両氏と                    

も私と同様の気持ちで、動揺を隠せない。ADA社と、特に天野夫人はたいへんな状況だろうから、少し                  

ことが落ち着くまで自分たちの言動を控えようとだけ申し合わせた。連絡をくれた大岩専務に向けて、お                  

悔やみのことばと、天野夫人に向けて弔電だけを送らせてもらった。                  

                        

 しかし退社時刻になっても、なんとも気持ちが治まらない。こんなことは珍しい。いや、まちがいなく初め                    

ての心境だ。自分で自分の気持ちがよくわかっていない。                    

 「これからやけ酒を飲みにいく。来たいものは後から来なさい」                  

 閉店後の社内放送で社員に呼びかけ、私は家内とともに近くのお店へ出掛けた。                    

 ところがお店は満席で、待っている人がいる始末。急にその気をなくして、自宅へ戻ることにした。                  

 自宅で天野さんを悼んで、とビールを開ける。そこへ社員から連絡が入る。お店へ行ったけどいません。                  

どこにいるんですか? といわれてしまった。社員に謝りつつ、次の機会にしようというばかりだった。                  

                        

                        

 天野さんに胃がんの手術をしたことは打ち明けられていた。だいぶひどかったんだけど、いい先生の手術                  

を受けて、生還した、と言った表情は明るかった。まだこんな薬を飲んでるんだ、といって、私たちと同じ                    

食事はとらなかったが、現代の進んだ医学を思って、私たちは驚きつつも安心した。                    

                        

 2014年のレイアウトコンテストの会場では、少し痩せたのが気にはなったが、元気さはこれまでと変わらなかった。                    

 リスボンの水族館制作の話をされて、私や他の先生方は、みな病後の天野さんを心配したが、                    

すでに心を決めていたようだった。                    

                        

 今年、制作中のリスボンからはきれいな絵はがきなどをいただいて、がんばっている様子を知らされた。                  

 実は4月のオープンに合わせて、家内とふたりでお祝いにリスボンまで行く計画を立てていて、旅行の詳細をつめるところまで 

いっていたが、自分たちの仕事の都合で陽の目をみなかった。いまにして思えば残念!                  

 もう10年以上も前、ドイツの展示会でのADAブースへ訪ねたとき、思いもかけず私たちを発見して喜んだ天野さんの笑顔が
忘れられない。                  

                        

 リスボン水族館を成功裡に仕上げた天野さんが、その後、日本に帰ってきているのか、もしくはリスボン                  

との間を行き来しているのか、と世界中を動き回る天野さんの近況を大岩さんに訊ねたことがあった。                    

「いまは、奥さまとふたりで鹿児島の温泉で静養しています」という答えだった。                  

 静養はもっともだと思った。十分、静養が必要なほどの仕事をしたからと思った。では天野さんにリスボンの話                    

を聞くのは、一段落してから、と思ったが、無理をしたのではないかと一抹の不安もあった。そのときの不安が、                  

時間外に大岩さんから電話をもらった時のいやな予感に直結してしまった。                    

 まさかこんなに早く亡くなるとは!                    

                        

 葬儀は近親者で行ない、その後、お別れの会を催すと知らされていた。                    

 天野さんの死去は、奥さまやご家族にとってはもちろん、ADA社にとっても、創業以来の最大難事だ。                  

わたしたち外部の関係者は、ADAからの知らせを静かに待つことにした。                    

                        

 最近刊のアクアジャーナルに天野さんの追悼文を、という依頼が来た。                    

 もちろん、望むところだが、果たしてなにを書こうか?                  

 天野さんの業績は枚挙にいとまがないほどだが、追悼文にふさわしいそれらのことは、いろいろな人が触れるに違いない。わたしに

とっての天野さんは? と考えると、現在の自分の感覚のリアリティからすると、以下のようなきれぎれの                    

思いしか浮かばなかったし、きれぎれの思いが私の正直な感慨だった。                    

                        

                        

天野 尚  追悼文                  

 風のように去ってしまった天野さん。                  

 体調への懸念は聞いていたけれど、まさかこんなに早いなんて。                  

 社内掲示板に張った訃報の「天野 尚」の名に立ち尽くす。                  

 33年にわたる最大の同志・友。                    

 ADAがあったからこそやってこれた時間。                    

 体のどこか大きな部分が抜け落ちてしまったような虚脱感。                  

                        

 長兄が山崎先生。次男が山田先生。三男坊が私で、末っ子が一番大きな天野さん。                  

 これ、なんにもないけど持ってって、と言ってくれた岩が7個(天野さんのお店に滞在した2日間。26年前)。                  

 ペンギンビレッジの2Fカフェで2時間、1人で座り続けた天野さん(ペンギンビレッジオープン時)。                  

 アマゾンに一緒に行かないか、と誘ってくれた天野さん(はじめてのアマゾン行前)。                  

 ピンチのペンギンビレッジに、本店2Fで特別講演してくれた天野さん(2000年4月)。                 

 有楽町の天野さん、初の写真展への手土産は、ちょっと洒落てコルドンブルーのブランデー。                    

 もう見てることしかできませんから、と和服姿の美しい奥様とふたり並んだ天野さん(新潟で)。                    

 その他、その他、その他……。                    

                        

 新潟の遥かな空に、思いあふれて逝った天野さん。                  

 こころよりご冥福を祈ります。                    

 『アクアジャーナル』 240 2015年10月号

 

 (つづく)

 

 



    Live Window  &  Past Window  >>